フォルスコリン

フォルスコリントとダイエット

フォルスコリンとは成分の一種であり、コレウス・フォルスコリという海外に存在する植物に含まれている成分です。インドでは重宝されており、今でも心臓や肺といった病気の治療薬の原材料としても用いられています。それだけでなく現在では健康食品としても主に欧米を中心に注目がされています。

このフォルスコリンのもたらすの効果の働きとは、酵素を活性化させて、それによりエネルギーの代謝を高めてくれます。それによって脂肪の代謝が活発化されて、それによって脂肪が溜まりにくい、消費させる体にします。よって結果的に健康食品としてダイエット効果に大きな期待を持つことができるのです。

そしてそれだけでなく脂肪が溜まって肥満になる原因として内臓に溜まってなるタイプがあります。こちらの場合は後々に動脈硬化を引き起こして、更にはそのせいで血液の流れが悪くなり、心筋梗塞や脳梗塞といった重い病気も発症しやすくなります。なので確かにダイエットに効果的ではあるのですが、それと同時に肥満によって起こる病気の危険性の予防もしてくれるということになります。

また血圧の低下をする効果もあります、これはフォルスコリンが心臓や血管に作用することで低下させるもので、それによって高血圧の予防へと繋がります。そしてそれによって間接的に高血圧によって起こる病気の予防へと繋がります。そして血管に作用するということは血管を詰まらせてしまう血栓症も同時に防いでくれます。また緑内障という目に関わる病気にも効果を発揮し、それによって視力の低下や失明を防ぐ働きをします。

なので健康食品としてだけでなく、フォルスコリンは目薬としても用いられているというわけです。脂肪、血液、目と来て気道にも作用をもたらします、なので喘息の予防にも効果があるのです。新陳代謝がよくなるということで健康食品としてダイエット効果の方に注目が行きますが、それだけでなくこのような様々な症状の予防にも効果があるのです。なのでダイエットだけでなく健康にも気を使いたいと考える方にはうってつけの健康食品ともいえるでしょう。

しかしこのフォルスコリンの健康食品を摂取する際には気をつけなければいけないことがあります。というのも血行促進の働きがあるために、血流促進をする薬を利用している間にこの健康食品を摂取してしまうとめまい等を引き起こしてしまう可能性があるからです。更には同様に高血圧の治療薬を使っている間に健康食品を摂取しても血圧の低下が過剰になってしまうことがあります。なのでフォルスコリンを含む健康食品を摂取するのならこれらの薬の利用に該当する方は予め医師に相談をしておきましょう。